”切らずに治す”内痔核注射療法で
全国トップクラスの実績

くにもと病院

  1. TOP > 
  2. くにもと病院のコラム > 
  3. 肛門漫遊記

くにもと病院のコラム

肛門漫遊記

[→コラム一覧へもどる]

皮膚痔 必要なら切除手術を 

「肛門が出っぱなし」と訴えて来院される方に多いのが、皮膚痔です。

皮膚痔とは、肛門周囲の皮膚にたるみが生じるもので、皮垂(ひすい)とも呼ばれています。肛門周囲に急性あるいは慢性の炎症が加わると、多くの場合腫れが生じます。この腫れが治まった時に皮膚のたるみが残ります。その原因としては、内・外痔核(いわゆるいぼ痔)や血栓性痔核、肛門周囲炎のほか、妊娠や出産などがあります。さらに、肛門の手術後に肛門周囲が腫れ、それがひいた後にたるみが発生する場合もあります。また、特殊なケースでは、裂肛(いわゆる切れ痔や裂け痔)に伴い患部の外側の皮膚がたゆむ「見張りいぼ」と呼ばれる症状や、クローン病(腸に炎症が起こる難病)など炎症性の腸疾患が原因となっていることもあります。

皮膚痔になっても、痛みや出血といった顕著な症状は現れないため、肛門周囲の皮膚が相当たるんでいても、気にならないという人もいます。基本的に手術や治療の必要もありません。ただし「肛門がたるんでいるようで、気になって仕方がない」という患者さんに対しては、患部の切除手術を行います。

また、皮膚痔が原因で肛門の周囲が不潔になり、肛門湿疹や皮膚炎などが発症している場合は、まず保存療法で湿疹や炎症を治療してから、必要であれば切除手術を行います。

一方、痔核や直腸脱(直腸壁が肛門の外に脱出する)や裂肛など他の疾患を伴い、しかも皮膚のたるみの度合いが大きな場合は、その疾患が手術の適応があれば、同時に皮膚痔の切除手術を行います。



お悩み別にご案内

痔の簡易診断あなたの症状をお選びください

肛門が痛い 膿や粘液が出る 肛門がかゆい しこりがある 肛門から出血する 肛門周囲が腫れる 便が拭ききれない 便に血が混ざる

外来案内

排便障害外来 血管外科専門外来 痛くない大腸内視鏡検査

メディア紹介のご案内

2017年2月28日 ライナーネットワーク

2017年03月01日

2017年2月28日 ライナーネットワーク

2017年2月28日 ライナーネットワークに 安部院長監修の「慢性肛門痛とは?」・・・

詳しく見る

ページトップに戻る



電話:0166-25-2241
FAX : 0166-23-1726
〒070-0061 旭川市曙1条7丁目2-1

Copyright (C) 2016 KUNIMOTO HOSPITAL .Rights Reserved.