”切らずに治す”内痔核注射療法で
全国トップクラスの実績

くにもと病院

  1. TOP > 
  2. 診療のご案内 > 
  3. その他の疾病について

診療のご案内

その他の疾病について

下記のタイトルをクリックすると、説明文へ進みます。




排便障害外来(便秘・便失禁)

開設時間 毎週 月・水・金曜日 14:00〜16:00
※金曜日は予約制となります。
担当医師 安部達也

難治性便秘

従来から便秘の治療は行っていましたが、便秘で当院を受診される方の中には通常の下剤が効かない重症型の方が少なくありません。このような方を適切に治療するには、じっくりと時間をかけて十分な問診や診察、特殊な排便機能検査を行う必要があります。
当院では2011年8月より「排便障害外来」を開設しております。

■便秘について詳しく知りたい方はこちら >>


便失禁

便失禁とは「排便の抑制がきかず、無意識のうちにまたは意思に反して便が排泄されることが度々起こること」(3ヶ月以上、3歳以下の乳幼児は除外)と定義されており、特に60歳以上の女性に多く見られ、経膣分娩や肛門手術など肛門括約筋の損傷が原因の多くを占めます。
排ガスや排便を十分にコントロールできないこれらの症状は、身体的・精神的影響の大きい深刻な問題です。
当院では2005年より「便失禁専門外来」を開設しており、すでに1,000症例以上の診療実績があります。「便が気づかないうちに漏れている」「便をトイレに行くまで我慢できない」などの症状にお悩みの方はぜひ便失禁専門外来にご相談下さい。

■便失禁について詳しく知りたい方はこちら >>


バナナ教室のご案内

くにもと病院看護部では、排便に対する正しい知識を持つことで悩みを解消し、より健康的な生活を送っていただくため、「バナナ教室」を定期的に開催しております。

バナナ教室のご案内



下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、動脈を通じて心臓から足へ送り出された血液が、ふくらはぎの筋力により静脈を通じて心臓へ戻されます。この時重力によって下にさがりやすくなっている血液を逆流しないよう防ぐための静脈内部にある逆流防止弁が壊れて正常に働かなくなったために血液の逆流が起き、その結果として静脈内の圧が上がって血管が拡張し、足の表面に太く浮き出る、又は瘤のように膨らんでしまう状態のことをいいます。主に大小伏在・側枝・網目状・クモの巣などの状静脈瘤があります。
当院では、この下肢静脈瘤を治療する専門外来【血管外科外来】を開設しております。
ほとんどの場合、片脚1泊2日、両足2泊3日の入院となります。お気軽にご相談ください。

■血管外科外来について詳しく知りたい方はこちら >>

■血管外科外来について
開設時間 毎週月・木曜日 9:00〜11:30
担当医師 鉢呂芳一


炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎とクローン病)

潰瘍性大腸炎

大腸粘膜の慢性炎症で、直腸から連続的に潰瘍やびらんが形成される原因不明の疾患です。下痢と血便が主症状で、再発を繰り返すことが多く難病に指定されています。

クローン病

主に小腸や大腸に潰瘍を形成し、痔ろうなどの肛門病変を伴うことが多い原因不明の疾患です。下痢、腹痛、発熱、栄養障害が主症状で、難病に指定されています。

■当院では消化管精密検査と難病指定の登録申請を行っています。また生物学的製剤による最新の内科治療に対応しています。また、合併する肛門病変に対して内科と肛門科による連携治療を行えることが当院の特徴です。

大腸がん

大腸がん罹患者は男女ともに年々増加の一途をたどっています。増加の原因は食生活によるものが大きく、中でも肉や油ものに含まれる動物性脂質の摂りすぎと関連性が高いと言われています。大腸がんは自覚症状がない場合も多く、早期発見できるか否かが大きな分かれ道となります。

大腸がんの基礎知識

■大腸がんの初期自覚症状

大腸がんの初期の自覚症状として、痛みなどの感覚は殆どありません。 大腸がんの初期症状は、便に血が混ざり始めたり、それによって便の色が黒っぽくなります。他にも、便秘と下痢を繰り返すようになり、排便は下剤を使わないと出ない状態になってしまいます。

大腸がんの検査について

大腸がんの検査としてよく知られているものに、便潜血検査があります。この検査で便に血が混ざっていたら、大腸内視鏡検査を行います。 この検査で腫瘍が見つかった場合、ごく小さいものであれば、内視鏡を使って切除することが可能です。

ただ、大腸がんがあっても出血のない場合は「便潜血陰性」となり、がんを見のがす確率も決して低くない(早期大腸がん50%、進行がん20%)のが実情です。便潜血検査は決して万能とは言えない面もあるため、便秘が続く、便に血が混じる、お腹が張る、などにあてはまる方は、早めに大腸内視鏡検査を受けましょう。また健康な方でも40代以降の方は定期的に大腸内視鏡検査をお受けになることをおすすめします。

大腸内視鏡検査について詳しく知りたい方はこちら >>

メディア紹介のご案内

2017年6月20日 ライナーネットワーク

2017年06月26日

2017年6月20日 ライナーネットワーク

2017年2月28日 ライナーネットワークに 安部院長監修の「下着に便が付く」の・・・

詳しく見る

ページトップに戻る



電話:0166-25-2241
FAX : 0166-23-1726
〒070-0061 旭川市曙1条7丁目2-1

Copyright (C) 2016 KUNIMOTO HOSPITAL .Rights Reserved.