”切らずに治す”内痔核注射療法で
全国トップクラスの実績

くにもと病院

  1. TOP > 
  2. 当院の実績 > 
  3. 学術実績 > 
  4. 2009年 学術論文・学会発表・講演会等 実績

当院の実績

学術実績

2009年 学術論文・学会発表・講演会等 実績

■論文実績
論文・誌名発表者
各種排便異常に対するポリカルボフィルカルシウムの効果
消化器の臨床
12巻3号:p.328-331, 2009
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
内痔核症例における肛門管粘膜下層の厚さに関する検討
日本大腸肛門病学会雑誌
62巻8号:p.502-505, 2009
佐藤ゆりか
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
慢性裂肛様形態を呈した肛門管早期癌の1例
北海道外科雑誌
54巻1号:p.28-32, 2009
鈴木達也
海老澤良昭
千里直之
山田理大
浅井慶子
長谷川公治
星智和
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
徳差良彦
三代川斉之
河野透
葛西眞一
■学会発表
学会名・演題発表者開催日・場所
日本看護科学学会 第29回学術集会
先輩看護師がした新人看護師へのモラルハラスメント体験の一事例
松倉理江 2009/11/27-28
千葉
日本臨床外科学会 第71回総会
硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸(ALTA)硬化療法を主体においた痔核治療(ビデオセッション)
鉢呂芳一
安部達也
國本正雄
2009/11/19-21
京都
日本大腸肛門病学会 第64回学術集会
便失禁に対する保存的治療の検討
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
2009/11/6-7
福岡
日本大腸肛門病学会 第64回学術集会
ALTA治療後の肛門管粘膜下層の厚みの変化に関する検討
佐藤ゆりか
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
2009/11/6-7
福岡
第1回北海道ジオン(ALTA)研究会
硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸(ALTA)硬化療法後の肛門機能に与える影響(ランチョンセミナー)
鉢呂芳一 2009/10/24
札幌
日本消化器病学会 第51回大会
機能性便失禁の病態に関する検討
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
2009/10/14-17
京都
第15回大腸肛門機能障害研究会
ALTA療法後の直腸肛門機能の検討
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
2009/9/5
東京
日本消化器外科学会 第64回総会
伸縮性ポリエステルテープを用いた直腸脱手術
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
2009/7/16-18
大阪
日本抗加齢医学会 第9回総会
加齢に伴う直腸肛門感覚の変化
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
2009/5/28-29
東京
日本消化器病学会 第95回総会
便失禁の内科的治療 ~ポリカルボフィルカルシウムは有効か~(ランチョンセミナー)
安部達也 2009/5/8
札幌
日本臨床腫瘍学会 第7回学術集会
転移性直腸癌に対するmFOLFOX6療法の検討
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
海老澤良昭
千里直之
河野透
葛西眞一
2009/3/20-21
名古屋
内痔核治療法研究会 第4回総会
硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸(ALTA)単独内痔核治療における再発症例の検討
鉢呂芳一
安部達也
國本正雄
2009/3/15
東京
第90回北海道外科学会
伸縮性ポリエステルテープを用いた直腸脱手術
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
2009/2/21
札幌
日本消化管学会 第5回総会学術集会
便失禁に対するポリカルボフィルカルシウムの効果
安部達也
鉢呂芳一
國本正雄
2009/2/12-13
東京

メディア紹介のご案内

2017年11月24日 ライナーネットワーク

2017年12月11日

2017年11月24日 ライナーネットワーク

2017年11月24日 ライナーネットワークに 鉢呂副院長監修の「痔とは」の記事・・・

詳しく見る

ページトップに戻る



電話:0166-25-2241
FAX : 0166-23-1726
〒070-0061 旭川市曙1条7丁目2-1

Copyright (C) 2016 KUNIMOTO HOSPITAL .Rights Reserved.