”切らずに治す”内痔核注射療法で
全国トップクラスの実績

くにもと病院

  1. TOP > 
  2. 診療のご案内 > 
  3. Drくにもとのおしりのトラブル相談室 > 
  4. 痔ろう・肛門周囲膿瘍の可能性があります。

その他

Drくにもとのおしりのトラブル相談室 Drくにもとのおしりのトラブル相談室

痔ろう・肛門周囲膿瘍の可能性があります。

ともに直腸、肛門部の感染症です。直腸、肛門周囲にうみがたまった段階を肛門周囲膿瘍といい、たまったうみが排出され、結果として直腸、肛門と交通のある難治性の管ができてしまうと痔瘻といいます。

肛門周囲膿瘍になってうみがたまると、39℃からひどい時は40℃以上の発熱となります。うみがたまった部分が腫脹(しゅちょう)し、皮膚表面が発赤する場合もあります。また、夜も寝ていられないほどの激しい痛みが生じます。 肛門周囲膿瘍では一刻も早く医師を受診し、切開排膿を受けることです。がまんしていたり、市販の鎮痛薬などでごまかしていてはいけません。うみを広げ、病気を進展させ複雑にしてしまいます。

  • 医師紹介
  • よくあるご質問
  • くにもとメディカルグループ
  • 看護部のご紹介
  • 採用情報
  • 株式会社健康会

メディア紹介のご案内

2017年2月28日 ライナーネットワーク

2017年03月01日

2017年2月28日 ライナーネットワーク

2017年2月28日 ライナーネットワークに 安部院長監修の「慢性肛門痛とは?」・・・

詳しく見る

ページトップに戻る



電話:0166-25-2241
FAX : 0166-23-1726
〒070-0061 旭川市曙1条7丁目2-1

Copyright (C) 2016 KUNIMOTO HOSPITAL .Rights Reserved.